書皮って?][書皮友好協会って?][書皮展覧会][電脳版 書皮報][リンクしよう!

書皮にどんな思い出がありますか?

故郷を離れて住んだ都会で、電車の中で見慣れた故郷の書店の書皮を見かけて嬉しかったこと。
旅先でふらりと入った書店でかけてもらった、旅先の地名の入った書皮、などなど。何故か心に残る書店や書皮はありませんか?
みなさんのそんな思い出、聞かせてください。


たまるん(会員番号1)
思い出の・・・
といってもいっぱいあるんですが、忘れられないのは、テレビの画面で知ってるカバーを見つけることです。CMのひとこま、通勤電車のなかで文庫本を読む男、だが心は本に集中できない。営業成績の伸び悩み、はたまた思いをよせる人妻、もしくは部下のOLの、、、とかなんとか、のシチュエーションの中でわたしの目は画面に釘付け。
「○○堂のカバーがテレビに映ってるうううううっ」
あああ、こんなことで興奮している人はおそらく、日本に16人しかいないんでしょうね。
ちなみに自信を持ってカバー判明をほこれたのは、まだ1件しかありませんの、とほほ。


ありす(会員番号34)
 学生時代、私の住む街の大きな書店で、ときどき書皮を変えることに気が付いたのです。買う度に書皮が違う…。それで何となく気になり始めて、そのうちたまったいくつかの書皮が捨て難くて、とっておくようになったのが、私と書皮のつきあいの始まりです。そのうちその店でクリスマス用の書皮まで現れて、すっかり書皮の虜になりました。家の近くだけじゃなく、他の書店ではいったいどんな書皮を使っているんだろう…。旅行に行くたびに、旅の思い出代わりに書皮を求めて書店に入るようになりました。


家鴨あひる(会員番号229)
 <書皮の思い出 PART1>
高校時代、母に何とか言ってせしめた昼の定食代500円。これで素うどんを食べ、2日で1冊のマンガ単行本や文庫を買った。1冊を選ぶ真剣さは今とは比べモノにならない。そうして選んだ本はとても大切なものだった。書皮は本と一心同体。手触りさえ愛おしい。ペーパーバックを持ち運ぶために英字の雑誌を使いオリジナルカバーを掛けたこともある。忘れていたそんな思いが書皮協の会報の中にあった。
 <書皮の思い出 PART2>
バレンタインデーの義理チョコのお返しにと、敬愛する先輩から一冊の新書を頂いた。『旅について』という題名のその本には、雑誌のグラビアを切り抜いた手作りの書皮がつけられていた。剣岳の白黒写真。先輩は登山と一人旅が好きだったから。
 それから16年。先輩は帰らぬ人となり今も24歳のままなのに、私一人オバハンとなり果てた。剣岳の書皮は背中が少し黄色くなってここにある。


ゆう(会員番号227)
 高校の修学旅行で京都に行った時の事。新幹線の待ち時間を利用して、京都駅の地下にあった駸々堂に寄り、なんとなく購入した三冊の文庫。
それらにかけてくれた京都の古地図の書皮。そのデザインが気に入り、修学旅行の記念にもなると思い、わが家で大事に保存。その後、気に入った書皮をとっておくようになり、そのうち、きちんとファイルに綴じてデータをつけて、本格的に集めるようになりましたとさ。
要するに、駸々堂の書皮は、コレクションの礎となった書皮なのです。

このページを見て、書皮にまつわる思い出のメールを下さってありがとう!
ここに紹介します。


ねここさん
 こんにちは。
YAHOOで本のページを探してたら、こちらにたどり着きました。ねここと申します。
素敵なページだったので思わずメールを書いてしまいました。
私は本が好きで、結構本屋さんにもお世話になっておりますが、ブックカバー、もとい、書皮に対するこだわりは持ってませんでした。ところがある日、電車の中で洒落た書皮をかけた本を読んでいる人がいて、私はそれがどうしても欲しくなってしまったのです。 その後何人か同じカバー、じゃなかった、書皮をかけている人を見掛けたので、 どっかの本屋さんのものに違いない! と当たりを付け、大きな書店を中心に片 っ端から探る日々が始まりました。 そして、努力は報われ、お目当ての本屋さんを見つけることが出来ました。私にとって今のところ一番のお気に入りの書皮が、この八重洲ブックセンターのなんです。
・・・つい、長々と書いてしまいました。すみません。 また見に来ます。 それでは。
「うにゃの館」<http://www.senshu-u.ac.jp/~b07k087/>
紀ノ川 つかさ さん
 書皮で想い出というのはほとんど無いのですが、小さい頃、三省堂でしたっけ……本を読む人がいっぱい描いてある書皮がありましね。(確か「鑑定団」でも紹介されてたと思いますが)
 あの、読む人の一人一人を見ていて、面白がってた記憶があるのです。確か一人だけ、本を読んでないで人を押しのけてるのがいたような……(記憶違いかも)
松田さん
 私は本はすきですが、本屋さんがつけてくれるブックカーバー(それを書皮と呼ぶのも初めて知ったくらいです・・・)については、全然興味がなくて大抵本屋さんには「結構です」と断っているくらいです。ですから書皮の思い出といっても思いつかなかったのですが一つだけ思い出しました。
 随分昔ですが高校時代に文庫本を買ったとき、集英社のキャンペーンだったかで紙の書皮ではなく布のようなプラスチックのような(妻によると服の芯に使われているらしいですが・・・)素材のものでできた書皮をつけてくれました。これがなかなか良くて、手触りもよく本にかけてもしっかりと表紙にくっついて長く愛用していました。(通勤電車での立ち読みには最適でした。)今でも持っていますが、もう手垢で真っ黒になり折り目が切れかかっています。
 でも捨てられないところをみると、十数年とつき合ってきた書皮に愛着がわい てしまっているのかもしれません。できれば新しいものが欲しいのですが、あれ以来目にしたことがありません。誰かしりませんか・・・?
「MONTHY PINE」<http://www.biwa.ne.jp/~nisaku/>

書皮って?][書皮友好協会って?][書皮展覧会][電脳版 書皮報][リンクしよう!